[PR]

 16日午後7時ごろ、北海道伊達市北稀府(きたまれっぷ)町の「トーチク 第4農場」から出火、鉄筋トタン張り平屋建て約1千平方メートルの鶏舎がほぼ全焼した。火は約2時間半後に消し止められたが、この鶏舎で飼育されていた鶏のひな約6万羽がすべて死んだ。

 道警伊達署によると、出火当時、この鶏舎には人はおらず、けが人はいなかった。鶏舎には暖房器具があり、電気も通っているという。同署が出火原因を調べている。