[PR]

 核兵器を法的に禁止する「核兵器禁止条約」の制定に向けた交渉の準備会合が16日(日本時間17日)、米ニューヨークの国連本部であった。多くの核保有国が条約制定の動きを牽制(けんせい)する中、中国の代表者が出席した。3月に本格化する交渉にも参加するのか、どんな主張を展開するのか注目が集まっている。

 核保有国の米国やロシア、米国の「核の傘」の下にある日本は欠席した。

 条約制定をめざす交渉の開始は昨年12月、国連総会決議が賛成多数で採択されて決まった。採択では米ロ英仏や日本が反対に回り、中国は棄権していた。

 会合ではコスタリカの軍縮大使…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら