[PR]

 トランプ米政権の労働長官に指名されていた米大手ハンバーガーチェーン経営者のアンドリュー・パズダー氏が辞退したのを受け、トランプ大統領は16日、労働長官にフロリダ国際大学法科大学院長のアレキサンダー・アコスタ氏(48)を起用すると発表した。承認されれば、新政権で初のヒスパニック系となる。

 新政権の閣僚承認は大幅に遅れており、発足後1カ月近くたっても15人の閣僚ポストのうち6人が空席という異例の事態が続いている。

 アコスタ氏は弁護士で、フロリダ州の連邦検事のほか、労働者の権利保護を支援する政府機関「全米労働関係委員会」の委員を務めた経験がある。

 当初長官に指名されたパズダー…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも