[PR]

 米国のヘイリー国連大使は16日、イスラエルと将来のパレスチナ国家の「2国家共存」を「米国は完全に支持する」と述べた。トランプ大統領は前日、2国家共存に必ずしもこだわらない姿勢を示したが、歴代米政権の基本路線を踏襲することを強調した。

 ヘイリー氏は中東情勢をめぐる国連安全保障理事会の会合に出席後、記者団の質疑に応じた。「2国家共存」を唯一の解決策としてきた米国の歴代政権の原則を転換する発言をトランプ氏がした翌日とあって、記者団の質問はこの点に集中した。

 ヘイリー氏は「(トランプ)政権も米国も2国家共存を支持する」「揺るがない」と強調。イスラエルとパレスチナが協議の席につく方法を「従来の型にとらわれず」「新鮮な視点で」考えると述べたが、具体的な中身には触れなかった。

 ただヘイリー氏は一方で、「イ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも