[PR]

 シャープは17日、2017年3月期決算の経常損益の予想を、今月3日時点の2億円の赤字から99億円の黒字へと上方修正すると発表した。経常損益が黒字になれば3年ぶり。原材料の購入契約を変更し、調達費用を安くすることができるためという。

 営業損益は474億円の黒字(3日時点では373億円の黒字)、純損益は271億円の赤字(同372億円の赤字)と、それぞれ101億円分上方修正した。純損益は上半期に積んだ構造改革費が重く、赤字のままだ。

 契約を見直したのは、太陽電池の原材料となるポリシリコンとみられる。これまで割高な購入契約が太陽電池事業の赤字要因になっており、16年10~12月期でも、主要7部門のうち太陽電池だけが営業赤字のままだった。(新宅あゆみ)

関連ニュース