[PR]

 麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、ペンス米副大統領と行う日米経済対話について、「早ければ4月くらいに包括的な議論をまずはスタートさせる」との見通しを明らかにした。議題として、インフラ投資の協力や貿易・投資ルールなどを挙げ、「極めて広い分野の話をする」とした。「協定などではなく、即物的にぱっと答えが出せるものがある」とし、自由貿易協定より、対立が少ない経済協力の協議を優先させたい意向も示した。

こんなニュースも