[PR]

 ソウル中央地方裁判所は17日、韓国の海運最大手で経営破綻(はたん)した韓進(ハンジン)海運の破産を宣告した。韓進海運は2016年3月時点で、世界のコンテナ船社中、船舶保有量が第8位だった。同15位の現代商船とともに韓国海運業界を支えたが、同年9月に裁判所による会社更生手続きが始まっていた。

 韓国企画財政省は、韓国の海上輸送競争力を維持するため、韓進海運の営業網やコンテナターミナルなどを国内他社が引き継ぐよう、支援に全力を挙げるとしている。(ソウル=牧野愛博)