コンビニエンスストアにあった他人の財布から現金を盗んだとして、兵庫県警は南あわじ市・洲本市組合立広田中学校の松下秀明教頭(50)を窃盗容疑で書類送検した。県警などへの取材でわかった。松下教頭は容疑を認めているといい、南あわじ市教育委員会の調査に「出来心だった」と話しているという。書類送検は6日付。

 県警や同市教委によると松下教頭は昨年8月、南あわじ市のコンビニに置き忘れられていた財布から1万円札1枚を盗んだ疑いがある。被害者が南あわじ署に被害届を出していた。現在は自宅謹慎中で、校長は保護者会を開いて謝罪した。