[PR]

 福岡市のJR博多駅前で昨年11月に起きた陥没事故で、市は現場の埋め戻しと道路舗装にかかった費用が約1億3200万円に上ることを明らかにした。インフラ復旧も含めると総額は2億円以上となる見通し。

 市交通局によると、発生から1週間で通行再開するまでの間、埋め戻しに使った処理土や砂利などの費用や人件費の概算がほぼ確定。これとは別に、現場に埋設されていた下水管などのインフラ復旧費は判明分だけで約5800万円で、さらに光ケーブル回線の復旧費用なども加わるという。

 費用の負担については、原因究明後に市と施工業者が協議して決める。