[PR]

「キセカエシューズ」発案:安藤友介さん(32)

 「キセカエシューズ」。アッパー(靴の上部)とソール(靴底)がファスナーで結ばれ、簡単に着脱できる靴のことだ。考案したアッパーのデザインは、花柄やストライプなど100種類を超える。「服と同じように、靴も手軽に履き替えられ、オシャレを楽しめたら、旅行の時とか楽しいでしょ」

 2015年から、「Johnny(ジョニー)&Jessy(ジェシー)」のブランドでネット販売を始めた。神戸を拠点に全国を回り、各地の商業施設で期間限定店を開くなどでファンを増やしてきた。月150万~200万円を売り上げる。

 大学を卒業後、父が神戸市で営む婦人靴メーカーに入社。1年ほど米国に留学し、英語力も磨いた。「いつか海外でも勝負できる製品をつくりたい」

 日本と海外を頻繁に行き来する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース