[PR]

 弁当チェーン「ほっともっと」の元店長の30代女性=愛知県=が、運営会社「プレナス」(福岡市)に残業代の未払い賃金など約718万円の支払いを求めた訴訟の判決が17日、静岡地裁であった。関口剛弘裁判長は、同社に約160万円の支払いを命じた。

 女性は店長としての権限が小さいのに、残業代が支払われない「管理監督者」とみなすのは不当だと訴えていた。判決によると、従業員の採用や店舗運営などの権限が限定的だったと認定し、女性が「経営上重要な事項の決定などに関与していたとは言いがたい」などとし、原告の請求を認めた。プレナスは「判決文が届いていないのでコメントは差し控える」とした。