[PR]

 プロ野球・阪神の糸井嘉男が17日、沖縄・宜野座キャンプで初となる屋外でのフリー打撃を行った。その31スイング目は、びっくりの飛距離だった。球場の両翼は98メートル。右翼席の芝生奥には球団を歓迎する言葉が高い位置に掲げられている。打球はその部分を直撃した。

 正午の気温は23・6度。陽気に誘われるように昼食時間帯の打撃練習に飛び入りで加わった。計34スイングで柵越えが6本。並外れた飛距離に客席からはため息が漏れた。

 「初めての恋人や」。金本監督に口説かれ、やって来た新天地。右ひざ関節炎のため別メニューでの調整が続く。「ずっと日の当たらないところでやっていたので、気持ちよかった。外でスパイクを履いてしっかり打てたのはよかった」と糸井。監督は恋人の打力にうなった。「見ての通り。さすが」

こんなニュースも