[PR]

 東芝は17日、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の株式の3%を持つIHIから、株式すべてを買い取ると発表した。WHで巨額損失を出す見通しを受け、IHIが買い取り請求権を行使した。東芝は5月に約189億円を支払う。東芝は損失の再発防止策としてWH株の一部売却を目指しているが、逆にWH株の9割が集まる形になる。

 東芝によると、16日にIHIから買い取り請求権行使の通知を受けた。IHIは「自社の損失を避けるため」(広報)としている。

 2006年に東芝がWHを買収した際、IHIも約190億円を出資。同時に、取得時とほぼ同じ価格で東芝に買い取りを請求できる契約を結んでいた。

 約189億円の支払いで、東芝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら