[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)委員長の異母兄で、クアラルンプールで殺害された金正男(キムジョンナム)氏の遺体について、マレーシアの警察当局は17日、正男氏の家族に引き渡す場合、家族のDNAサンプルによる遺体の身元確認が必要との認識を示した。警察は外交ルートを通じて家族に対し、DNAサンプルの提供を求める手続きに入った。

 警察によると、正男氏の家族はDNAサンプルの提出をしなければ、遺体を引き取れないという。家族から返還要請がない場合は、遺体は当地の北朝鮮大使館に引き渡されるという。17日時点で家族から返還要請は届いていない。

 一方、北朝鮮政府は正男氏の遺…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら