[PR]

 自民党の東京都議2人が離党し、小池百合子・東京都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」から7月の都議選に立候補する見通しになった。民進の前都議が離党して同会に移った例はあるが、自民都議の離党は初めて。

 2人は山内晃都議(品川区)と木村基成都議(小金井市)。17日、朝日新聞の取材に「離党する意思を固めた」(山内氏)、「改革を進めるために離党する」(木村氏)と認めた。一方、都民ファーストの会の幹部は2人を公認して擁立する方針を明らかにした。

 2人は今年1月、「都議会自民党」を離れて、ほかの1人と新会派を結成したが離党はせず、自民は公認する方針を示していた。