[PR]

 北朝鮮の故金正日(キムジョンイル)総書記の長男、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、駐マレーシアの北朝鮮大使が17日深夜(日本時間18日未明)、遺体があるクアラルンプール市内の病院前を訪れ、報道陣を前に遺体の迅速な引き渡しを訴えた。また、今後まとまるマレーシア当局による司法解剖の結果について、内容を認めないとの姿勢を示した。

 大使は病院の前に車で乗り付け、報道陣に正男氏の死因について「心臓発作」だと主張。司法解剖は北朝鮮側に許可なく行われたと非難し、結果を「拒否する」と話した。北朝鮮政府が事件について語ったのは初めて。(クアラルンプール=古谷祐伸)