[PR]

 猫の日(2月22日)を前に、飼い主のいない猫の「殺処分ゼロ」を2011年度から続けている千代田区で18日、チャリティーイベント「ちよだ猫まつり」が区役所で始まった。19日まで。

 区と一般社団法人「ちよだニャンとなる会」の共催で、昨年に続いて2度目の開催。獣医師や専門家による講演やワークショップが開かれ、50を超すブースでは猫に関する雑貨などを販売している。イベントの収益は、飼い主のいない猫の保護活動に充てられる。実行委員長の香取章子さんは「猫をテーマに楽しんでもらいながら、命の大切さや動物愛護について改めて考えてほしい」と話している。

 入場無料。19日は午前10時~午後5時で、正午から区内で保護した猫の譲渡会を開く。譲渡会には午前11時半と午後1時に配布する整理券が必要(各回先着160組)。猫などペットを連れての入場は禁止。問い合わせは実行委(070・1493・2828)。