[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア外務省は20日、現地のカン・チョル北朝鮮大使を外務省に呼び、カン氏が17日夜にメディアの前でマレーシアの対応を批判したことについて説明を求めた。さらに、在平壌のマレーシア大使を協議のためにクアラルンプールに召還したと発表した。

 カン大使は17日夜、金正男氏の司法解剖が北朝鮮側の許可や立ち会いもなく行われたとしてマレーシアを非難。声明文を報道陣に配り、「マレーシア側は我々をだましている。北朝鮮をおとしめようとする外部勢力と結託している」との見解を示し、正男氏の遺体の迅速な引き渡しを訴えた。

 マレーシア外務省は20日発表の報道文で「マレーシア政府の評判を曇らせるような根拠のない試みを非常に深刻に受け止めている」とした。(シンガポール=都留悦史)