[PR]

 宅配注文サイト「出前館」の運営会社「夢の街創造委員会」株の売買をめぐり、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で公判中の同社創業者、花蜜伸行被告(47)が20日、記者会見を開いた。「捜査段階の取り調べの際、検事が録音録画を止めたうえで、罪を認めなければ逮捕する、とほのめかすような発言をした」などと主張した。

 花蜜被告はこのため、罪を認める内容の供述調書に署名したという。裁判では調書が検察側の証拠として提出されたが、弁護側が証拠とすることに反対。検察は撤回したという。

 花蜜被告は複数の借名口座を使い、高値の注文を繰り返して株価を引き上げたなどとして、昨年6月に在宅起訴された。公判では無罪を主張し、17日に東京地裁で結審した。検察側は懲役3年、罰金2千万円と追徴金約1億3千万円を求刑しており、判決は3月28日に言い渡される予定。

 被告の弁護人は会見で、被告が起訴前の東京地検特捜部による任意聴取に対し、当初は違法性を否定していたと説明。取り調べが終わって録音録画を停止した際、検事から「否認ならそれなりの対応をすることになる」と告げられたと主張した。被告は、検事が自身の逮捕や知人の起訴を示唆したと考え、その後容疑を認める調書に署名した、という。