[PR]

 火災が16日発生したオフィス通信販売最大手アスクルの物流倉庫(埼玉県三芳町)は、同社が成長の柱と位置付ける個人向け通販「LOHACO(ロハコ)」の東日本で唯一の拠点だ。火災の鎮火や倉庫の復旧にはまだ時間がかかりそうで、同社の成長戦略にも影を落としている。

 20日、ロハコのスマートフォンアプリを開くと、「在庫切れ」と表示される商品が多く目についた。

 16日午前の火災発生後、ロハコは東日本地域からの注文受け付けをいったんとめたが夕方には再開。だが、ロハコ向けの倉庫は、埼玉県のほかは大阪市内にあるだけで、3万種類ほどの商品が20日夕時点で「在庫切れ」になっているという。注文を受けてから精米して届ける人気商品「ろはこ米」は、精米拠点が埼玉県にしかなく、いまも注文受け付けを止めている。

 2012年にヤフーから約4割…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら