[PR]

 あまり聴くことができない「左手ピアノの室内楽」の演奏会が4日、台東区の東京文化会館で開かれる。主催は、左手のためのピアノ作品の発掘や片手演奏の普及を進める「左手のアーカイブ」プロジェクト事務局。プロジェクトの代表で、左手のピアニストの智内威雄さん(40)=大阪府箕面市在住=が、バイオリン、チェロと協演する。

 演奏されるのは、モーツァルトの再来と言われるほどの神童ぶりで、天才と言われたコルンゴールドの作品「左手のための組曲」。約40分にも及ぶ大作だ。

 ユダヤ系だったコルンゴールドは第2次世界大戦時に米国に亡命。アカデミー賞を2回受賞するなど映画音楽界に革命をもたらした。

 智内さんは「この組曲は、これ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら