[PR]

 Jリーグは21日、J1広島DF千葉和彦の2試合分の個人記録を抹消したと発表した。チームの公式記録は変更しない。千葉は昨年9月の浦和戦後のドーピング検査で、興奮作用のある禁止物質「メチルヘキサンアミン」が検出された。浦和戦とその後、暫定的に資格停止となるまでに出場した1試合分の個人記録が抹消された。クラブが安全と確認し、薦めたサプリメントが原因とみられるため、千葉に重大な過失はなかったとして、日本アンチ・ドーピング機構は昨年12月、千葉の処分を資格停止をともなわない譴責(けんせき)処分にとどめた。