[PR]

 絶滅の恐れがあるゲンゴロウの一種「シャープゲンゴロウモドキ」の標本を販売したとして、警視庁は、静岡県焼津市の自称標本商、山本直樹容疑者(56)を種の保存法違反(譲渡)容疑で逮捕し、22日発表した。容疑を認めている。

 シャープゲンゴロウモドキは環境省のレッドリストで絶滅危惧I類に指定され、採取や販売が原則禁止されている。現在は千葉県内で100匹ほどの生息が確認されているだけという。

 生活環境課によると、山本容疑者は昨年9月22日、東京都千代田区で開かれた昆虫の標本即売会で、シャープゲンゴロウモドキ1匹の標本を1万円で松江市の自称チョウ類研究者の男(67)=同法違反容疑で書類送検=に販売した疑いがある。容疑者宅からシャープゲンゴロウモドキ29匹の標本を押収。「1994年ごろ、生息地で採取した」と供述しているという。

 シャープゲンゴロウモドキは体長約3センチの大型のゲンゴロウの一種。日本では絶滅したと考えられていたが、1984年に千葉県と北陸地方で見つかった。販売目的の乱獲が進み、激減していったという。