[PR]

 谷内正太郎・国家安全保障局長は22日午前、トランプ政権の新しい大統領補佐官(国家安全保障担当)に決まったH・R・マクマスター陸軍中将と電話で協議し、日米同盟の重要性を確認した。アジア太平洋地域の情勢について議論し、谷内氏の早期の訪米でも一致した。

 日本政府の説明によると、マクマスター氏から就任のあいさつを兼ねて連絡があったという。マクマスター氏は「各国のカウンターパートの中で最初に(谷内氏に)連絡した」とし、「日本は重要な同盟国であり、谷内氏と今後も緊密に意見交換や連携をしていきたい」と述べた。谷内氏は「しっかり連携していくことを楽しみにしている」と応じた。

こんなニュースも