「けんかえれじい」「ツィゴイネルワイゼン」など個性的な美学に貫かれた作品で知られる映画監督の鈴木清順(すずき・せいじゅん、本名鈴木清太郎〈すずき・せいたろう〉)さんが13日午後7時32分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため、東京都内の病院で死去した。93歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻崇子さん。元NHKアナウンサーの鈴木健二さんは実弟。

 東京生まれ。学徒出陣で応召。復員後の48年、旧制弘前高校を卒業し、松竹に入社。54年、製作を再開した日活に移籍する。赤木圭一郎や和田浩治、宍戸錠ら人気男優を起用した娯楽アクション映画の中で、大胆な色遣いや斬新なアングルなどの映像美を見せた。

 「けんかえれじい」(66年)では、高橋英樹を主演にケンカに明け暮れる旧制中学生の青春を、痛快かつユーモラスに描いた。翌年の「殺しの烙印(らくいん)」を巡り、当時の社長から「わけが分からない」と言われ、日活との契約が解除される。これに反対する映画人が「鈴木清順問題共闘会議」を設立し、裁判に発展。77年の「悲愁物語」まで映画が撮れない時期が続いた。

 80年、仮設のドーム映画館で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら