[PR]

 厚生労働省が22日発表した2016年の賃金構造基本統計調査で、フルタイムで働く女性の所定内給与の平均が前年より1・1%多い24万4600円となり、過去最高を更新した。男女間の賃金格差は2年ぶりに、正社員と非正社員の賃金格差も2年連続で、それぞれ過去最小を更新した。

 従業員10人以上が働く全国約5万事業所で昨年6月に支給された給与のうち、主に基本給にあたる所定内給与の金額をまとめた。

 フルタイム労働者(非正社員を含む)の所定内給与(月額)の平均は、前年から横ばいの30万4千円。男性が前年と同水準の33万5200円だったのに対し、女性は3年連続で過去最高を更新した。男性の給与を100とすると女性は73・0となり、比較できる1976年以降で男女差は最も小さくなった。課長級・部長級を合わせた役職者に占める女性の割合が過去最高の9・3%となり、女性の給与の平均を押し上げた。

 雇用形態別では、正社員が前年比0・2%増の32万1700円、非正社員は3・3%増の21万1800円。正社員を100とすると非正社員は65・8となり、賃金格差は比較できる05年以降で最小となった。正社員の給与が伸び悩む一方、人手不足などの影響で賃金水準が低い女性や非正社員の給与が伸びたことで格差が縮まっている。

 非正社員を男女別に見ると、男性は前年比2・7%増の23万5400円、女性は4・2%増の18万8600円。35~44歳の女性は5%以上の伸びを示した。(千葉卓朗)