1日夜にベトナム・ハノイで開かれたクアン国家主席夫妻主催の晩餐(ばんさん)会で、グエン・ディエン・チエウ盲学校の子どもたちと音楽プロデューサー・小室哲哉さんが一緒に演奏を披露した。

 演奏したのは同校の生徒5人。小室さんのキーボードとともに、日本の童謡「赤とんぼ」やベトナムの楽曲を民族楽器で奏でた。天皇、皇后両陛下やベトナム側の要人、同校を長年支援してきた俳優・杉良太郎さんらが拍手を送った。

 横笛担当のグエン・ドク・ティエンさん(17)は全盲だ。実家から遠い同校に通い始めてホームシックになったとき、親しい友人が隣で横笛を吹くのを聴いたのが音楽を始めたきっかけだった。「たくさんいるメンバーの中から選ばれ、両陛下の前で演奏できることが誇らしいです」。小室さんとは2月28日午後に初めて練習したが、「すぐにぴたっと合わせてくれて、本当にびっくり」と興奮していた。

 同校の元教師で、音楽の支援をしているファム・ディン・タンさん(80)は、「目から情報を得られない生徒にとって、聴く力を鍛えるためにも音楽は重要。将来の就職に役立つ可能性もある。何よりも、みな本当に音楽を楽しんでいます」と話した。

 晩餐会での演奏終了後、天皇陛下は子どもたちと握手し、「すばらしい音楽を聴かせてくれてありがとう」とねぎらった。皇后さまは「演奏は上手でした。これからもがんばってください」と声をかけていた。(ハノイ=鈴木暁子、島康彦