[PR]

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、金融政策を決める今月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録要旨を公開した。先月31日~今月1日の会合では、多くの参加者が、景気が想定通り改善すれば「比較的早い再利上げが適切だろう」との見方を示していた。

 FRBは昨年12月に1年ぶりに利上げに踏み切った後、今月の会合で追加利上げを見送った。会合では数人の参加者が「時宜にかなう利上げは、経済状況の変化への柔軟性をもたらす」として、次回3月会合での利上げもありうるとの見方を示した。市場では、次の利上げは6月になるとの見方が多い。

 ただ、トランプ大統領が掲げる景気刺激策の詳細がわからないことから、大半の参加者が「相当な不透明感がある」と指摘。予想される刺激策が、景気の上振れリスクを高めた一方、何人かは新政権の政策が下振れリスクとなりうるとの見方を示した。

 FRBは金融危機後、大量の国債などを買い上げて市場にお金を流す量的緩和政策を3度行い、約4・5兆ドル(約500兆円)の国債などの資産を抱えている。景気回復が続いていることから、参加者らは「今後数回の会合で」、FRBが持つ資産の縮小について議論を始めることで一致した。(ワシントン=五十嵐大介