[PR]

 日産自動車は23日、4月1日付でカルロス・ゴーン氏(62)が社長を退き、後任に西川広人共同最高経営責任者(63)が就くと発表した。ゴーン氏は代表権のある取締役会長にとどまる。グループの三菱自動車や仏ルノーを統括し、指導する役割に専念する。

 ゴーン氏は、「18年間育ててきた日産のマネジメント層には、求められる能力と経験がある。今こそCEO職を引き継ぐのに適切な時期であると判断した」とのコメントを出した。

 ゴーン氏は経営危機に陥った日産にルノーから送られ、1999年に最高執行責任者(COO)に就任。日産の再建を進め、01年に日産社長兼CEOに就き、05年からルノー社長も兼務した。16年12月からは、傘下に収めた三菱自動車の会長も務めた。

こんなニュースも