[PR]

 外国にルーツを持つ子どもたちの学びを支援しよう。昨年から大阪市淀川区の「多文化共生センター大阪」が学習支援教室「きらきら」を始めている。来年度も継続するため、現在、運営資金をクラウドファンディングで募集中だ。

 2月23日、大阪市西淀川区の出来島会館で区内の中学校に通うジェレミー・セニアさん(13)がボランティアの女性から平仮名の書き方を習っていた。ジェレミーさんは両親の仕事の都合で昨年10月にペルーから来日。現在は平仮名、片仮名の書き方やあいさつの仕方を学んでいる。

 きらきらは2016年1月に始まった。西淀川区は中南米にルーツをもつ住民が大阪市内でいちばん多く住む。同センターが13年から外国人住民に聞き取り調査をしたところ、もっとも多い悩みが子どもの教育だったという。

 同センターの小野杏奈さんは「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら