[PR]

 米アルファベット(グーグルの親会社)の研究子会社「ジグゾー」は23日、ネット上のコメント欄などにあふれる不適切表現、「荒らし」を抽出するソフトの無料提供を始めた。当初は英語のみだが、今後、他の言語にも拡大する方向だ。

 ジグゾーなどによると、開発したソフト「パースペクティブ(視点)」は、機械学習の機能を使い、メディアのコメント欄などに寄せられる個人攻撃や、不快度の高い書き込みを自動的に抽出し、その度合いを0~100の指標で示す。不適切と判断された書き込みを掲載するかどうかは、各メディアの判断に委ねる。

 現在、米メディアは「荒らし」に対応しきれず、コメント欄を閉鎖せざるを得なくなった例も多い。ジグゾーは「嫌がらせのコメントなどに埋もれている実のある議論が見つけやすくなる」としている。

 ソフトの開発にはニューヨーク・タイムズ紙(NYT)やネットの百科事典ウィキペディアが協力。これまで人の手で「不適切」と判断した大量のコメントを、ソフトに読み込ませることで共通する言葉や表現などを覚えさせた。ソフトを使うほど学習して精度が高まるという。

 NYTによると、同紙のコメン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも