[PR]

 NHK大阪放送局制作の朝ドラ「べっぴんさん」で、ヒロインの幼なじみで義兄役を演じている高良健吾さん。撮影も最終盤にさしかかったころに大阪でインタビューしました。慣れない関西弁のことや、演技上の発見、故郷・熊本についてなど、幅広く語ってくれました。

 ――昨年5月から大阪で撮影が続いています。これだけのスケジュールで東京を離れる撮影は初めてですか?

 はい。地方での撮影は、とても好きです。自宅だと日々の生活のためにすることも多い。でもホテルだと作品のことだけを考えられる。

 ――潔は若い頃から最終盤まで登場します。これだけ長い人生を演じる機会も、あまりないのでは?

 青年から、おじいちゃんになるまでを演じるのも初めてで、とても楽しい。ただ、そこに関西弁が入る。普段意識しないことを常に考えながら演じる難しさがあった。最初の頃は気持ちを作ってから慣れない言葉を乗せる仕事で、とても苦しめられた。現在でもNGを出すことがあります。今までも色んな方言をさせてもらいましたが、一番難しかった。以前経験した福島弁よりも難しい。

 ――「べっぴんさん」の潔の関西弁の方が、去年の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジ系)で演じた福島出身の練(れん)よりは、九州に近いのかなと思っていましたが。

 いえ、潔の方が難しいです。やっぱり大阪弁は多くの方に親しまれている言葉だし、僕は潔を演じるにあたって、跳ねるような話し方をしたかった。だけど関西弁は、案外平坦(へいたん)だった。今後にも役に立ちます。

 ――現場の雰囲気は?

 東京と比べるものでもないけれど、大阪はアットホーム感がある。共演者やスタッフとの距離が近く感じて居心地がいいです。

 大阪の街も人も好きです。大阪という場所に対する先入観って、僕だけじゃなくて多くの人が持っていると思うんです。「面白いことを言わなきゃいけない」とか「常にツッコミを入れられるのでは……」とドキドキしていましたが、実際来てみると、みんな温かくて。ツッコミって、優しさなんですよね。気遣いというか。あと「大阪人はケチだ」とか聞くけれど、全然違いました(笑)。

 ――出身の九州と共通していま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら