[PR]

 自動車のF1シリーズに参戦しているマクラーレン・ホンダは24日、今季の新型マシン「MCL32」を発表した。注目のカラーリングはオレンジと黒。マクラーレン初期に使われた伝統色のオレンジが、ホンダとの再タッグ3年目に復活した。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は供給する新型パワーユニットについて、「コンセプトを大きく変更し、低重心化と軽量化、ICE(エンジン本体)のパワー向上を実現している」とコメント。エースドライバーのフェルナンド・アロンソ(スペイン)は「アグレッシブなデザインのマシンに期待が高まっている」とした。

 今季のF1は3月26日決勝のオーストラリア・グランプリで開幕する。(時事)