[PR]

 NHK総合テレビで22日に放送した生活科学番組「ガッテン!」で、糖尿病の治療や予防に睡眠薬を直接使えるかのような行き過ぎた表現があり、誤解を与えたとして、NHKは27日までに番組ホームページに謝罪文を載せた。3月1日の番組内でもおわびの内容を放送する予定。

 番組では「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題し、「睡眠の改善により血糖値が下がる」という医療分野の研究成果を紹介。「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などとしたテロップの表記があった。放送後に「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」「副作用を軽視している」などの批判が寄せられたという。

 ホームページでは「あくまで睡眠障害と診断された方に対して、医師が睡眠薬の処方が必要と判断した時にしか行えないことを、もっと明確に述べるべきだった」とした。また薬剤名がわかる状態の映像を使い、この薬剤だけを推奨している印象を与えたことも「配慮に欠けた」とした。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら