[PR]

 茅ケ崎市は、介護や医療、葬儀や相続の希望などを記すエンディングノートを独自につくり、3月1日から無料配布する。高齢者に限らず、幅広い世代が結婚や出産、思い出などを書き加えていけるのが特徴だという。

 エンディングノートは、自分の意志を伝えられなくなったときに備えて書き留めるものだが、市高齢福祉介護課は「歩んできた人生と、これからも自分らしく生きていくための希望を伝えるノートとして作った」と話す。

 ノートの名称は「わたしの覚え書き~希望のわだち~」。「希望の轍(わだち)」は、茅ケ崎ゆかりのサザンオールスターズの曲名でもある。

 A4判23ページの本編と、預…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら