[PR]

 東京電力福島第一原発事故の影響で福島県から東京都内に避難してきた児童生徒3人が、東京都千代田区の小学校に在籍中の2011~15年にそれぞれいじめを受けたとして、相談を受けた弁護士が27日、いじめ防止対策推進法に基づき小学校と区教委に通報した。

 会見した弁護士によると、3人は千代田区内の小学校に在籍中、クラスの児童に「放射能を浴びているから汚い」と言われたり、嫌がらせを受けたりしたという。2人は転校し、1人は担任の対応でいじめはなくなったが、塾で続いたとしている。

 被害生徒の1人は、横浜市に避難した中学生がいじめを受けて不登校になったことに触れ、「横浜が特別ではない。『○○菌』と言われるのは驚くことではなく、自分たちも経験してきた。私たちが受けているいじめ被害を知って、大人たちに直してほしい」と話しているという。

 相談を受けた弁護士は、避難者を支援している「東京災害支援ネット」などに所属しており、「何があったのかきちんと調査してほしい」と話す。区教委側は「事態については把握していないのでコメントできない。3件について調査する」としている。