[PR]

 卵巣がんが進行して腹膜に転移する仕組みを、国立がん研究センターと名古屋大の研究グループが見つけた。腹水を調べれば転移のリスクを予測できる可能性がある。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに28日、発表した。

 卵巣がんは、国内で年1万人近くがかかる。自覚症状があまりなく、患者の40~50%はがん細胞が腹膜まで広がり、進行した状態で見つかる。

 研究チームは、がん細胞から分泌されるエクソソームという小さな袋状の小胞が、腹膜表面に触れると、部分的に腹膜が壊れ、転移が起きることをマウスの実験で確認した。エクソソームにはMMP1というたんぱく質を作るために遺伝子を写し取った物質が多く含まれていた。

 早期の卵巣がんの患者74人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら