[PR]

 韓国検察は31日未明、前大統領の朴槿恵(パククネ)容疑者(65)を収賄や職権乱用などの疑いで逮捕した。朴容疑者の支援者のチェ・スンシル被告(60)の国政介入疑惑に端を発した一連の事件は、国会の弾劾(だんがい)訴追による初めての大統領罷免(ひめん)を経て、逮捕に発展した。

 韓国で大統領経験者が退任後に逮捕されたのは、1995年に内乱罪や不正蓄財などに問われた盧泰愚(ノテウ)氏と全斗煥(チョンドゥファン)氏以来、22年ぶり3人目。

 ソウル中央地裁は30日午前10時半から、朴容疑者に対する逮捕状の審査を行った。同日夜まで朴容疑者に対する審問を開き、31日午前3時すぎに逮捕状を発付した。主要な嫌疑が相当程度立証され、証拠隠滅の恐れがあるとの検察側の主張を受け入れ、逮捕の必要性や相当性が認められるとした。

 検察の逮捕状請求書によると、容疑はチェ被告と共謀したとされる事件の13件。サムスングループの事実上の経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イジェヨン)被告(48)らから約束分も含む総額433億ウォン(約43億円)の賄賂を受け取ったり、チェ被告に大統領府の機密文書を流出させたりした疑い。

 李被告が絡む収賄容疑では、朴…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも