[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が先月13日に殺害された事件の後、北朝鮮からの出国を禁じられていたマレーシアの大使館員や、その家族ら合わせて9人が31日早朝、クアラルンプール国際空港に到着した。

 マレーシアと北朝鮮は事件後、正男氏の遺体の引き取りや捜査手法をめぐって対立、互いの国民を出国禁止にしていた。今月13日に始まった二国間協議の結果、30日に遺体の北朝鮮への移送などで両国が合意した。9人は同日朝に帰国が認められたことを知ったといい、同夜、マレーシア政府が平壌に派遣した小型ジェット機に乗り、帰途についた。

 帰国したアズリン参事官は記者団に対し、「(9人は)互いに励まし合って家族のように過ごした。政府の努力を知っていたので心配はしなかった」と語った。帰国に立ち会ったアニファ外相は「(正男氏の)殺人の犯人を裁くための調査は継続する」と改めて語った。

こんなニュースも