[PR]

 約15分間で女性4人に痴漢や盗撮をしたとして、東京消防庁は31日、石神井消防署の男性消防士長(28)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。消防士長は同日付で依願退職した。

 発表によると、消防士長は2月4日午後4時50分ごろ、埼玉県川越市のJR川越駅西口近くの路上で女性(29)の下半身を触った後、近くにいた別の女性(15)のスカートの中をスマートフォンで撮影。約5分後には路上で女性(25)に後ろから抱きついて体を触った。午後5時5分ごろ、駅ビル内で下半身を触られた女性(36)が、110番通報。駆けつけた埼玉県警の警察官に県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕された。

 内部調査に「友人の結婚式で酒を飲んだ後だった。記憶がないが、何らかの欲望から行為に及んでしまったのだと思う」と話しているという。消防士長は現行犯逮捕された駅ビルでの事件以外の3件でも再逮捕されるなどしたが、今月7日に処分保留で釈放された。4件のうち2件で示談が成立したという。

 同庁の三浦弘直・服務監察課長は「深くおわび申し上げます。今後は職員の教育指導を徹底し信頼回復に努めて参ります」とのコメントを出した。