[PR]

 一般市民だけでなく、高校野球(硬式)、プロ野球も開催できる「浦安市運動公園野球場」(同市舞浜)が完成し、31日、記念式典と施設見学会が行われた。高校野球の秋の大会で使用することが決まり、1日には記念イベントでプロ野球イースタンリーグの公式戦「千葉ロッテ対巨人」が行われる。

 グラウンドはホームベースから両翼まで98メートル、センターまで122メートルある。人工芝は西武ドーム(埼玉県所沢市)と同じ天然芝に近い感触のものを使用。メインスタンドは千席、内外野は1500席分ある。

 市は、運動公園約18ヘクタールの敷地内に体育館、陸上競技場などを順次整備、3月にはスケートボード場をオープンさせ、野球場が最後。東日本大震災の影響で全体計画が3年ほど遅れた。

 千葉ロッテと市はスポーツを通じた地域振興などで協定を結び、今シーズンは新球場で計3試合開催される。