[PR]

 31日午後3時20分ごろ、大分県宇佐市四日市の認定こども園「四日市こども園」から、「男が竹刀を振り回している」と110番通報があった。駆けつけた宇佐署員が、園の南西約200メートルの路上で、サバイバルナイフを持った男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。県警によると、小学3年の男児(9)と職員の女性2人が負傷したが、いずれも命に別条はない。

 男は近くの無職、射場(いば)健太容疑者(32)。県警や市消防本部によると、男児がほおに打撲、女性職員(41)が右手甲に切り傷、別の女性職員(70)が額に切り傷を負った。

 射場容疑者はフルフェースのヘルメットをかぶり、奇声を上げながら建物の中に入ってきたといい、3人は園内で襲われたという。職員が竹刀を振り落とした後、射場容疑者は逃走。通報から約15分後、さすまたで署員たちに取り押さえられた。

 サバイバルナイフは刃渡り19センチだった。県警は傷害容疑を視野に調べている。

 市によると、四日市こども園は定員120人。0~6歳の子どもが通い、放課後児童クラブも運営する。川谷興仁(こうにん)園長(70)によると、当時、園児はすでに帰り、小学生27人と職員ら24人がいた。職員の一人が射場容疑者の注意を引きつけている間に、子どもたちを避難させたという。

 こども園の向かいにある社会福祉法人で働く女性は「事務所の窓から、10人くらいの子どもたちが先生に連れられて道路を走って逃げるのを見た」と話した。社福の男性職員4人ほどがほうきを持って追いかけたという。

 近くの男性は、こども園から南に離れた路上で、多数の警察官が犯人らしい男の上に覆いかぶさり、取り押さえているのを車から目撃した。「何が起きたのかわからず、びっくりした」と振り返った。中学3年の少年(15)は「こんな平和な地域でこんなことが起きて驚いた」と話した。

 近所の男性(64)は今年の正月、公園で孫と遊んでいると、射場容疑者が近づいてきて「うるせえ」と怒鳴られたという。

 現場は宇佐市役所から約3キロの住宅や畑が点在する地域。