[PR]

 財務省が1日発表した2016年10~12月期の法人企業統計で、企業の国内設備投資額(金融・保険業を除く)が2四半期(半年)ぶりにプラスに転じた。海外経済が持ち直す中、スマートフォンや新型車向けの投資が好調で、10兆9350億円と前年同期より3・8%増えた。この結果は、8日発表の16年10~12月期の国内総生産(GDP)の改定値に反映される。エコノミストの間では、GDP成長率が上方修正されるとの見方が多い。

 設備投資額を業種別にみると、製造業は7・4%増。輸送用機械などが全体を押し上げた。非製造業は1・9%増で、情報通信業などで増えた。

 売上高は2・0%増の338兆3486億円で、5四半期ぶりに増加した。経常利益は16・9%増え、比較可能な1954年度以降、四半期ベースで過去最高になる20兆7579億円。資源価格の回復で、化学や石油・石炭などが利益を積み増した。

こんなニュースも