[PR]

 「自由貿易はクソくらえだ。彼らは最も保護されているから、うまくやっている――」。米ネットメディア「ギズモード」は、トランプ米大統領とロス商務長官の電話での会話とする音声をウェブ上で公開した。日本の貿易慣行を名指しで批判しており、音声が本物なら、今後の日米の二国間協議で米国側が強硬姿勢を示す恐れもある。

 音声では、2人の男性が日本の食品の安全基準について「(食品が)清潔でないとして、送り返されている」と指摘。ロス氏とされる人物が「我々も同じやり方をすると伝えるべきだ」「制裁措置と言わずに、米国の安全のためと言えばいい」と話した。トランプ氏とされる人物は、一律に10%の税金をかける案を挙げ、「1年で損失がなくなる」「そのせいで貿易をやめる国はない」と応じた。

 ギズモードによると、音声の録音は、トランプ大統領就任前の昨年12月13日で、音声の入ったファイルの位置情報データは、ロス氏のニューヨークの投資会社の事務所と一致するという。(ワシントン=五十嵐大介

こんなニュースも