[PR]

 武蔵野台地で伝統的に食べられてきた「武蔵野うどん」が、いま、じわじわと人気だ。武蔵村山市では市民ボランティアがうどんを通じて地元をPRし、東村山市では地元商工会が独自ブランドに認定した市内のうどん店を紹介。西武鉄道は、沿線のうどん店を巡るスタンプラリーを始めた。

 火山灰大地で水はけがいい武蔵野台地は水田が少なく、小麦づくりが盛んだった。農家の冠婚葬祭で人が集まった際、みんなで食べるのは決まってうどんだった。こうして生まれたのが武蔵野うどんだ。

 讃岐うどんとの違いは、強烈なコシ。「つるっ」としたのど越しの讃岐に対し、武蔵野うどんは「モギュッ」というかみ応えがあり、かみしめるたびに小麦の香りが口に広がる。麺の風味が強いので、つゆも濃いめの味付けだ。しょうゆベースの甘辛い汁で豚バラ肉を煮た、熱々の「肉汁」につけてすする。ゆでた野菜と一緒に食べる「かて(糧)うどん」も伝統的な食べ方だ。

 「村山うどんの会」(武蔵村山…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら