北九州市小倉南区の星和台幼稚園(榎本陽一園長)で3日、ひな人形に扮した園児たちがひな壇に並ぶ、ひな祭り行事があった。

 開園以来続け、今年で40回目。今年度4歳になる年少組園児21人は、通常より1時間早く登園。代々引き継がれた着物やはかま、紙コップで作った烏帽子(えぼし)などを身につけてひな人形に変身した。5段のひな壇に座り、ひな祭りの歌など3曲の歌を披露した。その後、近くの住宅型有料老人ホームを訪ね、お年寄りたちと交流した。(金子淳)