[PR]

 3日の衆院国土交通委員会では、安倍晋三首相の妻昭恵氏が大阪市にある森友学園の幼稚園で2015年9月に行った講演に、首相夫人のサポート役として首相官邸などに配置されている国家公務員5人のうち、少なくとも1人が同行していたことが明らかになった。

 民進党の玉木雄一郎氏の質問に、土生栄二内閣審議官が答えた。

 土生氏はこのときの同行について「職員が公費により出張した事実はない。勤務時間外で私的な行為として同行した」と説明。これに対し、玉木氏は「外形的に公務員を伴っていることは事実で(講演が)完全に私的行為ということは難しいのではないか」と指摘した。

 昭恵氏はこのときの講演で「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと思っている」「この幼稚園でやっていることが本当にすばらしいんですけども、ここから普通の公立の学校に行くと、せっかくここで芯ができたものが、またその学校に入ったとたんに揺らいでしまう」と述べ、同学園の籠池泰典理事長の要請で新設予定の小学校の名誉校長就任を受け入れていた。

 国会では、幼稚園の虐待とも受け止められかねない指導や差別的な言動が指摘され、名誉校長だった昭恵氏と籠池氏の関係や首相の道義的責任の有無が論点になっており、野党は引き続き追及する構えだ。(坂本進)