[PR]

 ニンテンドースイッチの発売にあたり、任天堂の君島達己社長に手応えなどを聞いた。

 ――3月末までに200万台を出荷する計画です。

 「発売当日にお渡しできるものは、あっという間に予約でなくなりました。国内なら1週間ほど待っていただければ対応できると思います。それでも足りないなら、それは過去になかったすごい売れ方です」

 ――社長が重視したのはどこですか。

 「価格です。テレビがなくても遊べる性能や独自のコントローラーなどの機能を譲らず、いかに価格を抑えるかを考えました。その分、例えば、包装はムダなものをなくしています」

 ――他のゲーム機と比べ高いとの指摘もあります。

 「性能が違うので単純に比べられないし、必ずしも高いという声が多数だったとは思いません。原価低減の努力もするので、将来的には(値下げを)考えていけるかもしれません」

 ――動画再生など、Wii Uにあったゲーム以外も楽しめる機能がスイッチでは目立ちません。

 「基本はゲーム専用機です。何…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら