[PR]

 がん免疫治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省の部会は3日、新たに頭頸部(けいぶ)がんの一部の治療に使うことを了承した。約1カ月後に正式に承認され、保険適用が認められる。対象は、再発または遠隔転移のある頭頸部がん。

 オプジーボは免疫の働きを利用した新しい仕組みの薬で、小野薬品工業(大阪市)が開発した。承認は、皮膚がん、肺がん、腎細胞がん、血液がんのホジキンリンパ腫(いずれも一部)に続き、5種類目となる。頭頸部がんの国内の患者は約2万4千人と推定されている。同社は昨年末、胃がんの承認申請もしている。

 オプジーボをめぐっては、患者1人で年間約3500万円かかるとされた薬価が高額だとして、2月に半額に引き下げられた。