[PR]

 北朝鮮がアフリカ諸国に指導員を派遣し、要人警護などの技術指導をして外貨を稼いでいる実態が浮かび上がった。北朝鮮制裁の履行状況を調べる国連安全保障理事会の専門家パネルが、近く公表予定の最新の年次報告書で指摘した。

 朝日新聞が入手した未公表の報告書によると、北朝鮮は西アフリカのアンゴラで、1990年ごろから大統領警護の技術指導を開始。昨年秋の現地調査では、北朝鮮人の指導員ら12人が現地の当局者らに対し、武術やパレードでの警護方法を指導していることが確認されたという。

 昨年採択された安保理決議は、北朝鮮から技術訓練や助言などを受けることを禁じている。専門家パネルは報告書で、アンゴラの対応が決議違反になると指摘。北朝鮮の指導員が帰国したかを確認中という。

 北朝鮮は、アフリカ中部のウガ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも